廃藩置県 

表紙

明治4年7月、天皇は諸藩に対して廃藩置県を命じ長尾藩は解体して長尾県となりますが、12月には木更津県と合併して消滅しました。藩や藩主との関係を断たれた藩士たちは安房にのこるもの、旧田中領へ帰るもの、東京へ出るものと四散し、新政府の諸政策で武士の立場も失っていきました。

諸誌録 明治6年
 藤井誠氏蔵
刻の太鼓 元文元年作
 鶴谷八幡神社蔵
太鼓等寄進状 明治5年
廃藩後旧藩士によって奉納された
 鶴谷八幡神社蔵
旧長尾藩士家禄不足額請求者名簿
 前田穣氏蔵