29.山荻村絵図

 現在の山荻は明治10年に山荻村と永代村が合併したものである。朝夷郡の大貫村方面への街道沿いにあった村で、街道を山のなかに入ったところに浅間社がある。

 沿道のお堂(薬師堂)脇に高札場があり、その奥には郷蔵がみえる。宮は歳宮神社(山荻神社)、寺は福楽寺。御朱印は歳宮神社の寺領(8石)である。

28.5×40.5 山荻区蔵