32.洲宮村・茂名村・布沼村浜論裁許絵図 正徳3年(1713年)

 この絵図は平砂浦の砂浜利用をめぐる浜論の裁許絵図である。正徳3年、茂名村が平砂浦砂浜の古来からの利用を主張し、洲宮村と布沼村を相手に争論を行ったが、慶長・元和の検地帳や承応3年の相浜村・大神宮村・犬石村巴川舟入論裁許絵図(36図)などを引合にし、茂名村の主張を退け、現在の境界が確定した。同じ絵図は茂名区にも残されている。

 境界設定に主眼をおいた絵図であるが、茂名・洲宮両村の山林や耕地・人家・神社・高札場なども描いており、村内の景観がよくわかる。

114×169 布沼区蔵