38.相浜村・大神宮村・布良村浜論裁許絵図 寛保2年(1742年)

 寛保2年に相浜・大神宮の両村が布良村と浜の干潟をめぐって争った時の裁許絵図である。相浜村内の干潟の畑までが論所になっているが、結局布良村の主張は認められず大神宮村との境が確定した。

 境を表示するために布良村の山裾にある石塔(五輪塔)や墓所が描かれているが、墓所は土饅頭になっているのがおもしろい。

182×212 相浜漁業協同組合蔵