45.南条村三郷(南条・大戸・作名)山林新畑絵図 文政4年(1821年)

 こちらは南条村の内大戸村・作名村と親村南条村の三郷入会山の内を新畑として開くにあたり、領主白河藩の役所へ新畑開発を届け、役人の検分を受け、耕作に差し障りのないよう管理していくことを三郷で約し、取り交わした際に作成したものである。領主御林・百姓山・他村山・入会山などが区別されて表現してある。

189×150 南条区蔵