<吉野忠右衛門義重> 

表紙

 八幡宮造営の世話役のひとりとして名を連ねる吉野忠右衛門は、文政2年(1819年)安房郡大作村(館山市山本)に生まれ、北条村六軒町の宮本源兵衛のもとで大工修行をした。やがて源兵衛の娘を娶って家業を継ぎ、吉野忠右衛門義重と名乗る。

 なお屋号を三木屋というが、三木といえば播州三木(兵庫県三木市)のまちは大工や鍛治が多く、大工道具の生産地として名高いところなので、この地となんらかの関係があるかも知れない。

 忠右衛門の仕事として知りうるのは、安政2年(1855年)の会津藩岩糸陣屋・明治3年(1870年)の長尾藩北条鶴ヶ谷陣屋の普請をはじめ、沓見の莫越山神社・山本の御嶽神社・小湊の誕生時・芝増上寺の水屋などがあるが、万延元年(1860年)には江戸城本丸の普請に携わり、遠侍の建築を担当している。この普請では、幕府大棟梁の甲良若狭の配下として腕をふるっており、吉野家ではこの時のことを、全国五十人棟梁の一人として呼ばれたと伝えている。

 このほか彫刻の作品も残しており、館山市新宿の海蔵寺には安政5年に制作した木造弘法大師坐像がある。

 忠右衛門は明治6年(1873年)、55歳で没した。大隅流の大工だったと伝えられている。子の伝造も大工となり、町内の郡役所や町役場・北条病院など、近代的な建築法を身につけて多くの公共施設を手懸け、現在の忠氏に至るまで大工の家として続いている。

80.儀式用大工道具(手前から墨壺・釿・道具箱)
81.小方儀
82.地方測量器(上から渾発・円分度器・平行儀)
83.江戸城本丸遠侍建地割図
84.江戸城本丸虎之間小屋絵図
85.江戸城本丸遠侍懸魚絵図
86.大棟梁甲良若狭呼出状
87.北条御陣営地割略図
88.会津藩岩糸陣屋指図
89.忠右衛門作 木造弘法大師坐像
90.奉公人請状
91.莫越山神社大工行事秘巻(部分)
92.祖神協会講社神拝次第
93.北条町役場