江戸の洲崎明神

表紙

 『永享記』には「神田の牛頭天王{ごずてんのう}、洲崎大明神は、安房洲崎明神と一体」とあります。これは神田明神のこととされていますが、現在牛頭天王は祀るものの、天比理乃咩命は祀られていません。太田道潅が洲崎明神を勧請{かんじょう}した頃の神田明神は、入江状になっていた芝崎(大手町付近)にあったといい、そこは海に面した場所でした。

現在の神田神社(千代田区外神田)