品川の洲崎明神

表紙

 江戸時代には、太田道潅が勧請した牛頭天王の祭礼で知られていましたが、洲崎明神とも呼ばれ、現在の品川神社は天比理乃咩命を祭神にしています。品川は中世には、伊勢や紀伊方面などから多くの物資が運び込まれた東京湾屈指の港湾都市でした。ここには市が立ち、関東平野の河川交通への荷の積み替えが行なわれました。室町時代、この港町に安房から洲崎明神が勧請されたのです。

80.品川神社の御神影
      品川神社蔵
現在の品川神社(品川区北品川)