【7】鏡ケ浦をめぐる権力  

表紙

 古代から近世にいたるまで、館山平野には安房国を支配するための政治拠点がおかれてきました。古代の国府にはじまり、戦国時代の里見氏の居城、江戸時代の大名支配の陣屋などは、いずれも鏡ヶ浦の湊につながる場所に位置していました。このことは、安房国では鏡ヶ浦が、海上交通の要衝としての役割を果たし、湊とともに権力が存在していたことを物語っています。