仏生会{ぶっしょうえ}・花祭り 

表紙

 4月8日のお釈迦さまの誕生を祝う式。陰暦の4月8日が降誕の日とされる。釈迦が生まれたときの姿を現した誕生仏が祀られ、色とりどりの草花で飾られることから「花まつり」と呼ばれている。釈迦が生まれたとき、香水で体を洗ったとか、龍が天上から清水を吐いて産湯にしたという伝説があることから、誕生仏に甘茶をそそぐ行事として知られている。