<境内を歩く> 

本坊

 那古寺の本尊千手観音菩薩が安置されるのは、那古山の中段、山ふところに抱かれて配置される伽藍の奥にある観音堂で、これが那古寺の本堂にあたる。山の麓の駐車場そばにある建物は本坊といって、住職がおり、寺の生活スペースである庫裏{くり}と寺の事務を執り行う寺務所が連なっている。むかしはこの周辺に恵日坊や西之坊など、那古寺の脇坊といわれる付属寺院が配置されていた。現在の建物は関東大震災後の昭和9年に建築された。

仁王門

 観音堂へは石段を登るルートが昔からの参道で、登りつめたところが仁王門。寺院の建物を守る金剛力士像が安置されている。昭和36年の建築だが、永正8年(1511年)に修理再建された記録があり、むかしからある施設だ。

鐘楼

 鐘撞き堂と呼ばれる鐘楼も昭和51年の建築で、梵鐘も同じときの新しいものだが、永享12年(1440年)には梵鐘が造られたと記録されている。寛文12年(1672年)の絵図(36.那古寺境内図)では多宝塔の右隣に鐘楼がある。

109.坂東三十三番安房国補陀洛山那古寺境内図(部分) 明治33年(1900年)頃

阿弥陀堂

 仁王門をくぐって右手の堂が阿弥陀堂。鎌倉時代の阿弥陀如来像が安置される。建物は震災前からのもの。

多宝塔 宝暦11年(1761年) 千葉県指定文化財

 その先の多宝塔は江戸時代中期に建てられたもので、内部中央にある宝塔の中に多宝如来と釈迦如来を安置している。これと別に里見時代の慶長14年(1609年)に作られた釈迦如来像も安置されている。県内の多宝塔は室町建築の石堂寺多宝塔とこの那古寺多宝塔の2基しかなく、建築技法の推移を伺う好例とされている。

106.震災前の閻魔堂(絵はがき)

 多宝塔の向かいに、関東大震災までは閻魔王を祀る六角形の閻魔堂があったが、復興されなかった。

多宝塔内の木造宝塔 千葉県指定文化財

37.那古寺境内図(部分) 明治4年(1871年)

日枝神社

 観音堂の奥に日枝神社がある。神仏分離までは山王権現という境内鎮守堂であったが、現在は寺の管理ではない。那古寺北側に位置する川名区の鎮守日枝神社が那古寺の鬼門守護と伝えられており、その別当は那古寺衆分の長勝寺が勤めていた。境内にある日枝神社は裏鬼門を守護するという。

閼伽井と弁財天

 日枝神社下の階段中段に閼伽井(あかい)がある。観音堂へお供えする水を汲む井戸である。多宝塔などの伽藍整備に尽力した東町の伊勢屋甚右衛門が、宝暦12年(1762年)に井戸枠の石積みを行なっており、大きく「閼伽井」の文字が刻まれている。下の絵図(36.那古寺境内図)で観音堂下に「みたらし」と書かれた池が、井戸になる前の閼伽井の姿である。側には水に縁がある弁財天が祀られている。 

大黒堂(下)・竜王堂(上左)・岩船地蔵堂(上右)

 観音堂左のお堂は大黒天を祀る大黒堂で、むかしからあるものではない。昭和15年の額がかけられている。その上の崖に掘り込まれている堂は、右が岩船地蔵で、左が竜王堂である。岩船地蔵には舟型石に乗った地蔵菩薩が祀られ、小さな石の舟型品が50個ほど奉納されている。新造船の安全祈願や船酔い止めなど漁師の信仰がある。竜王堂には仏法を守護する竜王を祀る。行基菩薩が那古の海で観音の霊木を見つけたときの由緒伝承にも竜神の話が登場するが、水との関連から竜王には海上守護の信仰がある。幕末まではここに真言密教の教主である大日如来を祀る大日堂があった。

12.鏡ヶ浦図絵馬(那古寺部分) 明治9年(1876年) 渡辺雲洋画

和泉式部の供養塔

 石段をたどって山の上に登ると、見晴らしのよい展望広場になっている。潮音台と呼ばれ、平安の女流歌人として有名な和泉式部の墓と伝える石塔とその娘の小式部内侍の石塔がある。中世の石塔の部材を積み上げたもので、すでに寛政5年(1793年)には和泉式部の墓として伝えられていたことが確認されている。

観音堂 宝暦8年(1758年) 千葉県指定文化財

 那古寺の中心となる観音堂は江戸時代中期の宝暦8年(1758年)に再建された。五間四面の堂で入母屋の屋根をかけた大きな建物である。内部は内陣と外陣に分けられ、その境には完成時に奉納された龍の欄間彫刻がはめ込まれている。

内陣の中心にある宮殿に本尊の千手観音菩薩立像が祀られ、その両脇に不動明王像と地蔵菩薩像が配されている。宮殿は天明元年(1781年)に建立された。

36.那古寺境内図(那古寺領那古東領境論裁許絵図部分) 寛文12年(1672年)

 この絵図は元禄16年(1703年)の大地震で大被害を受ける前の境内の様子で、現在とほぼ同じ場所に堂塔が建ち並んでいる。那古寺の観音堂はもと古屋敷という山頂に近い平場にあったといい、地震による被害を受けてこの場所へ下りてきたと伝えられている。いつの地震によるものかは不明だが、元禄地震よりも以前のことであるのは間違いないことがわかる。