はしか(麻疹) 

表紙

 9.の絵は、はしかの厄払いを桃太郎に託したもの。8.の絵は疱瘡の神(右)と麻疹の神(左)が相撲をとり、熊胆斎角院という医者が行司の役を務めている。熊胆{くまのい}は麻疹にきく薬として知られていた。安房地方でも「疱瘡は見目定め、麻疹は命定め」といわれ、麻疹のほうがより命にかかわる病として恐れられた。

8.錦絵「はしかの養生」(文久2年)
国立歴史民俗博物館蔵
9.錦絵「はしかの厄払」(明治6年)
国立歴史民俗博物館蔵