石井五郎作の解剖碑 

表紙

 南房総市和田町白渚の旧道沿いに建つ碑。難病となった白渚の石井五郎作が、医学発展のため自分の屍体解剖を遺言し、明治23年(1890年)、順天堂医院二代目院長佐藤進の弟子で地元南三原村の医師林完太郎によって解剖が行われた。その五郎作の功績を記念した碑。五郎作の医学に対する理解と関心には、晩年白渚に住んだ平久里(南房総市)の医師加藤玄章や、子の淳造の影響があったと思われる。

白渚(南房総市和田町)の石井五郎作解剖碑(明治25年)