茂名の医者どん・小谷医院 

表紙

 明治19年(1886年)に東京帝国大学医科大学別課を卒業した小谷順次(1927年没)が茂名(館山市)で医院を開業したが、小谷家は代々茂名村のイシャドンであった。慶長12年(1607年)に没した里見大炊助を始祖とする家で、享保年間に名主を勤めた団蔵が晩年の延享年間(1744年-1748年)頃に隣村布沼村の菊井家(里見家一族)から医師の玄庵を婿として迎えて以来、現在まで9代続く医家となった。代々玄庵と称し、小児科の医家として知られてきた。

179.小谷順次東京帝国大学医科大学別課卒業証書(明治19年) 
小谷理枝氏蔵
180.神経一覧図  
小谷理枝氏蔵