展示資料一覧  


 

タイトル

年代

備考

所有者
1 扇面「疱瘡を病む子ども」     国立歴史民俗博物館
2 疱瘡絵「達磨と風車」   歌川芳鶴画 国立歴史民俗博物館
3 疱瘡絵「達磨と竹馬」   寿山画 国立歴史民俗博物館
4 疱瘡絵「こどもと達磨と犬張子」   南岱画 国立歴史民俗博物館
5 疱瘡絵「為朝・鍾馗・達磨・富士」     国立歴史民俗博物館
6 疱瘡絵「達磨とみみずく」   歌川国芳画 国立歴史民俗博物館
7 疱瘡絵「疱瘡養生草」 元治1年(1864年) 歌川芳盛画 国立歴史民俗博物館
8 錦絵「はしかの養生」 文久2年(1862年) 歌川芳宗画 国立歴史民俗博物館
9 錦絵「はしかの厄払」 明治6年(1873年) 二代歌川芳艶画 国立歴史民俗博物館
10 三軒町疱瘡祭順番帳 昭和10年(1935年)   佐藤隆司
11 疱瘡祭大数珠     佐藤隆司
12 疱瘡神幟     佐藤寛
13 「蛸図」小絵馬     遣水薬師堂
14 「め図」小絵馬     遣水薬師堂
15 「牛図」小絵馬     遣水薬師堂
16 疱瘡除守札     当館
17 「やまいのまじない」 文久1年(1861年)写   石井祐輔
18 薬研     山口正治
19 石製薬研     石井祐輔
20 乳鉢・乳棒     山口森平
21 棹秤     当館
22     石井祐輔
23     当館
24 印籠     当館
25 薬箪笥     当館
26 往診用薬箱     石井祐輔
27 神農図   雪旦画 上野和子
28 製薬之図   田中治清画 石井祐輔
29 イボタ     当館
30 阿片卸売所看板     石井祐輔
31 小児薬看板     石井祐輔
32 艾{もぐさ}     当館
33 本味順血散 天明6年(1786年)写   当館
34 「薬拵之事」     石井祐輔
35 秘伝指之薬     外山正博
36 「妙薬聞書」 弘化5年(1848年)   岩崎文江
37 薬名控帳 安永8年(1779年)   当館
38 枇杷葉湯振出し     菊井義朝
39 妙薬覚 寛政年間   当館
40 「家伝薬方」     菊井義朝
41 「家妙方並田畑覚」 元文3年(1738年) 菊井織衛筆 菊井義朝
42 神効養血散   調剤所:石井つよ 当館
43 万能膏売薬免許証 明治25年(1892年)   川崎重信
44 万能膏薬袋     川崎重信
45 万能膏効能書板木     川崎重信
46 小児薬王肝臓円効能書   取次所:長須賀阿波屋 島田純一
47 一子相伝神秘體調湯宣伝文   調合所:加戸村阿部道栄 当館
48 妙法散効能書   取次所:池田屋金七 真倉区
49 家秘保命散効能書板木     沼野健
50 薬代請取証     菊井義朝
51 衆芳館常用薬録   (周芳館用箋) 島田純一
52 菊井右膳「薬種通帳」 天保5年~嘉永7年 長屋源蔵筆 菊井義朝
53 伊戸村寿斎薬調合につき書状     島田純一
54 赤痢仮処剤帳     高梨泰輔
55 「房総採薬日記」 文政11年(1828年) 阿部喜任記 当館
56 『白牛酪考』 寛政4年(1792年) 桃井桃庵著 当館
57 「活人雑書」写本 寛政6年(1794年) 菊井太治郎写 菊井義朝
58 「眼病治方雑書」写本 寛政6年(1794年) 菊井太治郎写 菊井義朝
59 「膏薬抜粋」写本 寛政6年(1794年) 菊井太治郎写 菊井義朝
60 医書領収書     菊井義朝
61 医書書上帳     菊井義朝
62 『外療新明集』写本 元和8年(1622年)写 林三郎左衛門写 菊井義朝
63 「砂糖製作伝法書」写本 寛政9年(1797年) 菊井太治郎写 菊井義朝
64 『医範提綱内象銅版図』(銅板解剖図譜) 文化5年(1808年) 亜欧堂田善刻 当館
65 『医学纂要 痘瘡篇』写本 弘化4年(1847年)訳 坪井信良訳 当館
66 『遠西医方名物考』写本 安政6年(1859年)写   島田純一
67 『西説黴毒輯要』写本(周芳館用箋)     島田純一
68 『海国兵談抜書』<急用馬方之薬方>     菊井義朝
69 『馬医次第』写本 天和3年(1683年)写 鈴木八郎右衛門写 島田純一
70 『馬医次第』写本 寛保3年(1743年)写   島田純一
71 『仲国秘伝集』下 写本     菊井義朝
72 医学所種痘術免状 慶応3年(1867年) 沼野玄昌宛 沼野健
73 医学所種痘分苗則 慶応3年(1867年) 沼野玄昌宛 沼野健
74 医学所種痘術条目 慶応3年(1867年) 沼野玄昌宛 沼野健
75 医学所種痘後施療条目 慶応3年(1867年) 沼野玄昌宛 沼野健
76 千葉病院種痘術免許状 明治9年(1876年)   加藤昭夫
77 種痘済証(大戸種痘所) 明治10年(1877年)   西長田区
78 初種痘調 明治17年(1884年)   西長田区
79 種痘証(那古病院) 明治38年(1905年)   外山正博
80 種痘無料施行賞状 明治40年(1907年) 加藤淳造宛 加藤昭夫
81 錦絵「種疱瘡之徳・天行痘之損」     国立歴史民俗博物館
82 『養生新語』 嘉永3年(1850年) 山下玄門著 東京大学総合図書館
83 薬喰之図   徹翁画 池田定明
84 産屋守護三神勧請由緒書     真楽院
85 里見九代分限牒 慶長15年(1610年)本   菊井義朝
86 『房総医家人名録』 文政8年(1825年) 河崎英斎編輯 沼野健
87 医術営業仮鑑札交付人名表 明治9年(1876年)   検儀谷区
88 医術営業仮鑑札 明治13年(1880年)   加藤昭夫
89 高梨玄英医業経歴届 明治9年(1876年)   高梨泰輔
90 上野氏歴世墓詩拓本 明治4年(1871年)   上野節子
91 扁額「積習堂」 明治34年(1901年) 重野安繹書 当館
92 積習薬室書   恩田城山書 当館
93 柱聯     当館
94 医方相伝書<三世之脈> 元和9年(1623年)   上野和子
95 医方相伝書<一治療> 元和9年(1623年) 上野和子
96 医道系譜(丹渓流相承之次第)     上野和子
97 『孫真人玉函方』   金沢文庫蔵書印本 上野和子
98 三皇号     上野和子
99 藤本立泉宛書状     当館
100 病状備忘録 明治36年(1903年)   上野節子
101 『産科指南』 文政9年(1826年) 大牧周西著 当館
102 神農図   加藤文麗画 当館
103 鈴木正立診断書 明治12年(1879年)   島田純一
104 鈴木正立診断書 明治13年(1880年)   海老原斉
105 真里谷伝兵衛信重阿蘭陀外科許状 享保10年(1725年) 山口裕益宛 山口正治
106 神農像     山口正治
107 『産則全書』 天保2年(1831年) 沼野玄昌著 東京大学総合図書館
108 『産則全書』 天保2年(1831年) 沼野玄昌著 沼野健
109 産則全書板木     沼野健
110 『産論翼』写本 安永4年(1775年)写   沼野健
111 蓮潭記     沼野健
112 薬籠(やくろう)     沼野健
113 誕生寺帯刀許状 天保3年(1832年)・弘化4年(1847年)   沼野健
114 印籠     沼野健
115 扇子     沼野健
116 施薬院流外科免許 嘉永5年(1852年) 石田信龍宛 石田靖
117 『産科発明』 天保4年(1833年) 奥澤軒中著 当館
118 奥澤軒中肖像画 天保9年(1838年) 菅野縉斎画 奥澤喜一
119 『撥翳鍼訣』 弘化1年(1844年) 鈴木道順著 当館
120 『医事叢談』 弘化3年(1846年) 山下玄門著 当館
121 高梨文酬肖像画     高梨泰輔
122 薬研     高梨泰輔
123 医術営業仮鑑札返納控 明治17年(1884年)   高梨泰輔
124 出張診察御届 明治22年(1889年)   高梨泰輔
125 十四経発揮経絡兪穴骨度之図     池田定明
126 神農像   石井宇門作 石井美代
127 加藤玄叔肖像画(『品石風雅』) 慶応2年(1866年)   加藤昭夫
128 加藤淳造履歴書     加藤昭夫
129 加藤淳造千葉病院辞令 明治12~13年   加藤昭夫
130 高木抑斎肖像画 安政4年(1857年) 島雲画 高木岑生
131 高木抑斎薬料請取状     当館
132 資生堂広告 明治11年(1878年) 橋本周延画 当館
133 福原有信書状 明治41年(1908年) 加藤淳造宛 加藤昭夫
134 加藤藤左衛門君墓誌原稿     加藤昭夫
135 『丹晴堂随口任筆』写本(周芳館用箋)   島田宗謙写 島田純一
136 『黄帝踈女論』写本 慶長5年(1600年)写   菊井義朝
137 「眼病療治色々」抜書写本 明和3年(1766年)写   菊井義朝
138 二十四脈 元和7年(1621年)   菊井義朝
139 杉田玄端書状 慶応3年(1867年) 岡南洋宛 飯田一郎
140 高木抑斎作漢詩 安政1年(1854年)   当館
141 高木静斎作漢詩 文久2年(1862年)   当館
142 『近世偉人伝』二編下 明治17年(1884年) 蒲生精庵著 当館
143 加藤三圭墓碑拓本 天保12年(1841年) 当館
144 高梨文酬追悼句集「けふ松か枝」 明治18年(1885年)   当館
145 井上杉長等連句扇面     当館
146 琴棋書画図賀寿祝着     当館
147 新製輿地全図 弘化1年(1844年)   池田定明
148 『房海兵備策』 文久3年(1863年) 高木周岱著 石井昌道
149 高木周岱書状 明治1年(1868年)   石井昌道
150 神風隊同志人名録 慶応4年(1868年)   石井昌道
151 神風隊袖印     石井昌道
152 神風隊鑑札     石井昌道
153 加藤淳造書簡 明治29年(1896年) 安房同志会長上野隆卿宛 加藤昭夫
154 コレラ禍の和歌 明治11年(1878年)   島田純一
155 虎列刺病予防法心得写 明治10年(1877年)   海老原斉
156 虎列刺発生につき回達 明治11年(1878年)   菊井義朝
157 虎列刺病予防方法施行点検心得 明治11年(1878年)   茂名区
158 虎列刺病予防法協議手控     西長田区
159 虎列刺病予防養生法 明治19年(1886年)   島田純一
160 虎列刺病予防訓諭 明治19年(1886年)   島田純一
161 玄昌履歴明細書 明治8年(1875年)   沼野健
162 玄昌死体検査証 明治10年(1877年)   沼野健
163 玄昌追悼詩 明治11年(1878年) 誕生寺貫主日良作 沼野健
164 殉職下賜金証 明治11年(1878年)   沼野健
165 下賜金目録 明治11年(1878年)   沼野健
166 安房四郡郡部医師会細則 明治20年(1887年)   加藤昭夫
167 安房四郡郡部医師会細則改正上申書 明治21年(1888年)   加藤昭夫
168 日清戦役従軍者家族施療感謝状 明治30年(1897年)   加藤昭夫
169 加藤玄章病気見舞帳     加藤昭夫
170 那古病院図 明治29年(1896年) 『日本博覧図千葉県後編』 当館
171 公立北条病院図 明治29年(1896年) 『日本博覧図千葉県後編』 当館
172 北条病院立面図     吉野忠司
173 東条病院図 明治29年(1896年) 『日本博覧図千葉県後編』 当館
174 館山病院設置連名簿 明治24年(1891年)   館山病院
175 東京帝国大学医科大学卒業証書 明治21年(1888年) 川名博夫宛 館山病院
176 館山病院案内 昭和12年(1937年)   館山病院
177 館山病院絵葉書<正門>     館山病院
178 館山病院職員記念写真     館山病院
179 東京帝国大学医科大学別課卒業証書 明治19年(1886年) 小谷順次宛 小谷理枝
180 神経一覧図   小谷順次写 小谷理枝
181 鈴木病院看板     鈴木春子
182 震災患者無料診療看板 大正12年(1923年) 鈴木病院 鈴木春子
183 鈴木勝太郎肖像写真     鈴木春子
184 鈴木勝太郎肖像画 大正2年(1913年) 大井八郎画 鈴木春子
185 仙台医学専門学校卒業証書 明治35年(1902年) 谷崎雄次宛 谷崎哲夫
186 診療用具     谷崎哲夫
187 薬瓶     谷崎哲夫
188 往診カバン     谷崎哲夫
189 医薬品箱     山口森平
190 医療用具     山口森平
191 化学天秤     山口森平
192 医師写真帖 明治43年(1910年) 日本衛生新聞社発行 上野節子
193 房州鏡ヶ浦全景絵図 大正5年(1916年) 安房倶楽部発行 当館