凡例  

  • 本書は平成元年度から平成4年度に、館山市立博物館が行った川名楽山関係の調査結果を報告するものである。
  • 漢字は、原則として常用漢字に改め、一部は当時の慣用に従った。
  • 資料の名称は、画題により館山市立博物館で付けたものである。
  • 資料の寸法は、縦×横で単位はmmである。
  • 判読不明な箇所は、□(一字)、〔〕(字数が推定できない場合)で示した。また「」は印章を表す。
  • 本図録の編集執筆は、学芸員杉江敬が担当した。