例言  

  • 本書は館山市立博物館が行った万里小路通房関係の調査結果を報告するものである。
  • 本書の図版番号は、巻末の関係資料一覧の番号と一致する。
  • 本文の解説にあたっては、通房の経歴・事績については記録に基づいているが、安房地方における生活や人々との交流などについては、聞き取りによるところが多いことをあらかじめお断りしておく。つまり、通房本人を直接知る方の記憶に基づく証言と、関係した方の子あるいは孫といった方々の聞き伝えを基にしているということである。しかもそれらは断片の情報であり、なかには話者の記憶違いや間違った前提で聞き伝えたと思われる証言もあった。それらうはなるべく多くの証言を得ることによって調整させていただいたが、誤ったままのこともあるかと思う。しかし、あえて裏付けのない事柄もエピソードとして取り上げたのは、今後の調査の手がかりとするために、少しでも多くの証言を残しておきたいと考えたからである。
  • 本書の編集執筆は、学芸係長岡田晃司が担当した。