【3】写真で見る日本刀制作工程  

準備作業として3cmほどに炭切りをする。
炭は松炭を使う。

鍛刀に先立ち敬虔な祈りをささげる。

打ち平めた玉鋼を小割板にしテコ金に積み重ねる。

和紙でテコ台とともに包み粘土汁をかける。

フイゴで風を送りながら加熱する。
これを沸かすという。

アク(わら灰)をまぶして鍛えていくことにより、
不純物が取り除かれる。

向う槌(先手)は重労働である。
幾たびも縦横に折り返して鍛錬をする。
かすかな鉄の沸く音に耳を傾け、温度を知る。
沸かし延べ工程
刀の姿に気品を表現する。
センで削り、刀の姿を整える。
刃文付けを熟考し、焼刃土を置く。
焼入れの瞬間。己が心を清め、神仏に祈るような緊張の一瞬。
熱した銅をかませて槌で打ち、最終微調整をする。