香 {こうやつ}  

表紙

長通{ナガドウリ} 東浜{ヒガシハマ} 中浜{ナカハマ} 西浜{ニシハマ} 石塚{イシヅカ} 西畑{ニシバタ} 的場{マトバ} 寺坂{テラサカ} 城ノ腰{ジョウオコシ} 蟹田{カニタ} 田中{タナカ} 祭面{マツリメン} 彼地谷{カチヤツ} 奇妙{キミョウ} 塩岩{シオイワ} 細田{ホソダ} 雨沼{アマヌマ} 大谷{オオヤツ} 小坂{コサカ} 品ノ谷{シナノヤツ} 下唐木{シモカラキ} 中唐木{ナカカラキ} 上唐木{カミカラキ} 峰{ミネ} 古録{コロク} 白駒{シロコマ} 沢山{サワヤマ} 稲荷森{イナリモリ} 不知名{フチナ} 大和田{オオワダ} 岩部{イワベ} 石田{イシダ}


 峯山には縄文土器片が散布し、近接してサンゴ層もあって古い遺跡などの確認される地域です。里見氏の支配下にあった江戸時代初期には、里見家の寺社奉行印東采女の知行地で村高198石余。明治元年には222石余になっています。神社は浅間神社があって境内には寛政13年・天保12年の手水鉢と、浜に文政10年の燈籠が建てられています。寺院は金剛寺がありましたが今はなく、二ヵ所のお堂があって、海岸部の下御堂には中世の宝篋印塔の断石が確認されます。山際のお堂は今は旧金剛寺と合併しています。