坂田 {ばんだ}  

表紙

塩浜{シオバマ} 石溝{イシミゾ} 向原{ムカイバラ} 上ノ原{ウエノハラ} 亀ノ谷{カメノヤツ} 東曽根{ヒガシソネ} 海田{カイダ} 下原{シモバラ} 嶋田{シマダ} 尾墻{オガキ} 尾畑{オバタケ} 丸越{マルコシ} 畑中{ハタナカ} 油入{アブライル} 元取島{モトロジマ} 浜田{ハマダ} 宮城{ミヤギ} 獺浦{カワウソウラ} 長入{ナガイレ} 大ヶ勢{オオガセ} 作田{サクダ} 清水{シミズ} 西曽根{ニシソネ} 川ノ上{カワノウエ} 八十田{ヤソダ} 八十畑{ヤソバタ} 西ノ谷{ニシノヤツ} 万竹{マンチク} 中ノ谷{ナカノヤツ} 東谷{ヒガシヤツ} 山野尾{ヤマノオ}


 明治22年に西岬村が成立する直前の明治17年に、数ヵ村を管轄する戸長役場がおかれたとき、坂田を境に坂田から香までの8村を一括する戸長役場と、洲崎から坂井までの6村を一括する戸長役場がおかれていました。その後の東小学校と西小学校の通学区の区分はこれに応じたものです。江戸初期の里見氏治政下では、里見家一門の御隠居様が知行し、村高189石余。明治元年には160石余。神社は熊野神社、寺院は実蔵院と西方寺があり、西方寺には幕末に海防の任にあった白河藩士の墓があります。