坂足 {さかだる}  

表紙

居下{イジタ} 清水{シミズ} 作田{サクダ} 向原{ムカイバラ} 関ノ下{セキノシタ}


 この地区が西岬で最も規模の小さな集落で、江戸時代を通じて14.5軒の戸数でした。江戸時代初期の里見氏治政下では、町奉行の角田丹右衛門が知行し、村高は77石。明治元年には97石余になっています。神社は蛭子神社があり、宗教法人の寺院はありませんが、山麓に波切不動と呼ばれる照浪院があります。ここには寛政10年の手水鉢がみられます。