(13) 十二天神社のビャクシンの木(沼)  

表紙

 十二天神社の境内には市内で最も大きなビャクシンの木があり、市の天然記念物に指定されています。目通り樹周6m75cm樹高17mあり、地上2mのところで7本の枝が分かれて、形のよい樹冠を形成しています。推定樹齢約800年で、シャリンバイ、イヌビワ、ヤマハゼなどの共生植物も生育しています。また神社の向拝には、沼出身の狩野派絵師川名楽山が奉納した龍の彫刻があります。

◇交通 JRバス・日東バス館山小学校前下車徒歩15分