上野原 {うえのはら}  

表紙

沓方{クツカタ} 辻道{ツジドウ} 池附{イケヅキ} 上長田{カミナガタ} 下長田{シモナガタ} 長田{ナガタ} 尾安{オヤス} 中原{ナカハラ} 須郷{スゴウ} 松ノ下{マツノシタ}


 館山湾の第4砂丘列上に位置する農業地域ですが、近年は国道128号沿いに各種営業所が並び、大きく変貌をはじめています。江戸時代初期の里見氏治政下では、里見氏の直接支配地であった北条村の一部でした。享保12年頃から上野原村の名がみられますが、寛永16年に北条村の枝村として成立したといわれます。地名の由来も北条村の内陸部(上手)にある原の呼び名であったと考えられ、上ノ原という書き方もします。正式に分村して独立したのは明治元年頃で、村高は192石余。神社は天神社、寺院はなく、神社横に薬師堂があります。