(1) 北条陣屋跡 (北条)  

表紙

 寛永15年(1638年)に、駿河大納言徳川忠長の家老だった屋代忠正が、安房国で一万石を領して北条藩を立てると、北条の仲町に陣屋を築きます。現在の館山消防署・北条病院・館山警察署のあるところで、中世には北条城があったといわれ、北側には城ノ腰の地名もあります。正徳元年(1711年)の万石騒動により、翌年屋代氏の北条藩は3代にして廃藩となりますが、享保10年(1725年)信濃から水野忠定が一万二千石で入封し、新たに北条藩を起こします。同20年には一万五千石となり、文政10年(1827年)に上総国鶴牧藩へ移封するまでのあいだ陣屋としました。文政8年には水野忠韶が若年寄としての功績によって城主格に列せられ、陣屋を北条城と公称しています。文久元年(1861年)になると近江国三上藩の遠藤氏が、明治元年(1868年)まで安房国内の飛地支配のための役所として利用します。その後明治になって安房郡役所・警察署・議事堂・北条町役場・北条病院などの官公署が建ち並び、現在の官庁街へと発展してきたのです。

◇交通 JR内房線館山駅下車徒歩10分