(4) 金台寺 (北条)  

表紙

 浄土宗の寺院で海養山金台寺といいます。当寺の第4世豪誉上人は里見義康の伯父で、里見氏から厚い保護を受け、60石の寺領を与えられていました。江戸時代も引き続き60石の朱印地を持っています。境内にはもと六軒町の浄円寺に所在した慶長元年の板碑形五輪塔が2基あります。また寛文2年の千日念仏の供養塔や、正徳元年の万石騒動の際に農民側にたって処刑された北条藩の代官行貝弥五兵衛親子の墓、明治3年に偽金作りで処刑された義賊赤忠の墓などのほか、明治・大正期の安房政界や文化界等に大きな影響を残した伯爵万里小路通房の子供たちの墓もあります。

◇交通 JRバス豊房回り南町下車徒歩1分